ホームクルーズニュース >  2020/3/18 プリンセス 「ダイヤ」の消毒開始 副社長メッセージ公開中

一般財団法人みなと総合研究財団

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目1番10号
第2虎の門電気ビルディング3・4階

TEL:03-5408-8291 FAX:03-5408-8741 地図・最寄り駅はこちらから

トピックス

2020/3/18
プリンセス 「ダイヤ」の消毒開始 副社長メッセージ公開中

米プリンセスクルーズは3月18日、横浜港に停泊中の「ダイヤモンドプリンセス」について、3月上旬から船内の清掃および消毒作業をベルフォア社とともに開始したと発表した。ベルフォア社は、東日本大震災のほか世界中で数多くの災害復旧作業を専門に扱ってきたグローバル企業という。「ダイヤモンド」の消毒作業は、世界保健機関 (WHO)と米国疾病管理センター (CDC)、日本の国立感染症研究所の指示のもとで策定され、厚生労働省の承認を受けたとしている。
同船の消毒は環境衛生や感染予防管理の専門家など約150人体制で進んでいるとし、3月中の完了を目指す。プリンセスのチームメンバーと作業員は、いずれも防護装備をつけて十分な注意のもと作業にあたっているという。
船内のリネン、タオル、枕、寝具、マットレスカバー、マットレス、シャワーカーテンは適切に処分して新品と交換。コントローラーを含むゲーム、おもちゃ、本、パズル、カード類も処分、交換する。
手が触れた部分や人通りが多かったエリアは、加速化過酸化水素を使った消毒剤バイロックスで消毒。同品は高い効力と安全性、環境の持続可能性が確保された特許技術を持つ除菌剤という。
ドレープ、布製の装飾品、家具、カーペットは、バイロックスのソリューションにより高性能フィルターを搭載した吸引掃除機とカーペット掃除機で厳重にクリーニング。船の暖房・換気・空調システムも徹底的に消毒し、空気処理機のフィルターは高性能エアフィルターと交換する。
このほか、船から出るすべての廃棄物は厚労省の監督下で廃棄物管理会社が適切に運搬、処理。各種作業の監視および監査は米国環境コンサルタント企業が当たるという。
消毒作業開始にともないプリンセスでは、ライ・カルオリ副社長のメッセージを動画投稿サイト・ユーチューブで公開中(https://youtu.be/K1hAZtZdB-A)。


≫前の記事へ



Page Top