ホーム > トピックス

トピックス
一般財団法人みなと総合研究財団

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目1番10号
第2虎の門電気ビルディング3・4階

TEL:03-5408-8291 FAX:03-5408-8741 地図・最寄り駅はこちらから

トピックス

『「みなと」のインフラ学 PORT2030の実現のための処方箋』が
出版されました

この度、みなと総合研究財団 山縣宣彦理事長・慶応義塾大学商学部 加藤一誠教授 編著による『「みなと」のインフラ学PORT2030の実現のための処方箋』が出版されました。
本書では、PORT2030の理念・概念を踏まえながら、その概要と港湾の可能性、地方港湾での取り組みを研究者、実務者が解説しています。港湾の将来にヒントを与える一冊となっております。
ご購入方法など詳細はこちら(著者特別価格注文票)をご覧下さい。
定価本体3,000円(税別)を著者特別価格2,700円(税別)にてご案内中です。

目 次

序章  みなとの空間計画を歴史・文化・生活から発想
第1章 わが国の港湾政策とPORT 2030
第2章  海運インテグレーターの出現と港湾に求められるサービスの変化
第3章 荷主による港湾選択の論理と実際
第4章 東南アジアのコンテナシャトル便成立の可能性
第5章  コンテナ貨物輸送のモーダルシフトと港湾利用促進に向けた課題
第6章 PORT 2030の連携と補完
第7章 PORT 2030 と輸出貨物の重要性
第8章 内航RORO/ フェリーへのモーダルシフトの可能性
第9章 クルーズアイランド化を目指す方策
第10章 クルーズ振興をめぐる期待と課題
第11章 港湾地域における民間資金の活用方策
第12章 資源・エネルギー輸送の政策的な位置づけ
第13章 港湾の環境政策と新エネルギー
第14章 情報通信技術を活用した港湾のスマート化・強靭化
第15章 自働化・AI 化による効率性向上の課題と可能性
第16章 農産品輸出と地方港湾の役割
第17章 PORT 2030 と九州の地方港湾
第18章 秋田港の新たな動きとPORT 2030の適用可能性
第19章 港湾政策における地方港の位置づけと戦略