ホーム > クルーズ振興の取組

トピックス
一般財団法人みなと総合研究財団

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目1番10号
第2虎の門電気ビルディング3・4階

TEL:03-5408-8291 FAX:03-5408-8741 / 03-5408-8747 地図・最寄り駅はこちらから

トピックス

クルーズを巡る我が国の情勢

 政府は2015年6月に「観光立国実現に向けたアクション・プログラム2015」を策定し、その中で2020年に訪日クルーズ客数を100万人に増やす目標を盛り込みました。2014年の訪日クルーズ客数は41.6万人でしたが、官民一体の取り組みにより2015年12月8日に100万人の目標を達成し、2015年中のクルーズ船による来日外国人旅客数は111.6万人(前年比2.7倍)となりました。

 国土交通省は、観光立国実現、地方創生にもクルーズ振興は極めて重要で、今後もクルーズ船によるインバウド客増加を目指して積極的に取り組むとしています。


みなと総研のクルーズに関する取り組み

 みなと総研は、これまでに港湾の利活用、沿岸域の環境再生、クルーズ振興、防災・危機管理、港湾再開発など多様な分野で事業を展開していますが、特にクルーズに関しては、港湾と海事の両方の視点から、港と船、ハードとソフトの連携を重視したクルーズ振興の具体的ノウハウを保有し、コンサルティング、人材育成、技術指導、国際連携等を体系立てて実施する我が国で唯一の組織です。

 みなと総研では訪日クルーズ客100万人目標達成を踏まえ、特に以下のテーマについて深い知見を有しています。
 ・大型クルーズ船寄港時における受入課題の解決
 ・既存港湾施設を有効利用したクルーズ船受入枠の増加策の検討
 ・中小型クルーズ船の我が国港湾への寄港誘致
 ・外国クルーズ船による日本発着クルーズの増加策の検討

 みなと総研では、これら知見をバックグランドに、以下のクルーズ振興策に取り組んでいきます。
(1)クルーズ振興に関する調査研究の受託
  平成27年度実績8件
  例) ・既存ストックを活用した旅客船の受け入れに係る旅客数等推計方法検討業務
                                         (発注者:国土交通省)
      ・九州地域港湾における戦略的な外航クルーズ船受入環境整備検討事業
                                      (発注者:九州地方整備局)

(2)クルーズ関係者の人材育成
  クルーズ船の寄港促進に向け誘致・受入に取り組まれている港湾管理者、地方自治体、民間クルー
 ズ関係者がクルーズポートに関わる知見を更に広め深めることを目的としたクルーズポート・マスター制
 度を創設しました。その一環としてクルーズポートセミナーやクルーズサロンを開催し、次代を担う人材
 育成に取り組んでいます。

  @クルーズポートセミナー 第1回 平成26年11月10日〜11日
                    第2回 平成27年7月2日〜3日
                    第3回 平成27年11月11日〜12日
                    第4回 平成28年10月12日〜13日  

  Aクルーズサロン      第1回 平成27年5月20日
                    第2回 平成27年8月20日
                    第3回 平成27年11月19日
                    第4回 平成28年2月18日
                    第5回 平成28年5月19日
                    第6回 平成28年8月18日
                    第7回 平成28年11月17日
                    第8回 平成29年2月16日

(3)港湾管理者、地方自治体、民間等への技術指導
  @クルーズ振興セミナー等への講師派遣
   ・27年度実績: 日本鉄道技術協会関西支部
              国際自動車コンプレックス協会
              北東アジア輸送回廊ネットワーク
              千葉県外航クルーズ研究会
              清水港クルーズセミナー
              アジアクルーズフォーラム(済州島)
              クルーズツーリズムイン韓国(ソウル)

  Aクルーズ船の振興・誘致・受入に関する相談対応
    我が国のクルーズポートは年間100寄港を超える実績豊富な港から、これからクルーズ船を初誘
   致したいとする港まで、状況は千差万別であり、其々が様々な課題を抱えています。
    港湾管理者、地方自治体、民間企業がかかえるこれら課題を解決するため、豊富なクルーズ実
   務経験を有する要員を配置し相談窓口としての役割を担っています。

(4)日中韓クルーズネットワーク強化の取り組み
  @中国発着クルーズの急速な増加に伴い、北東アジアにおけるクルーズ情報の共有など日中韓
    クルーズ産業関係者の連携が求められる現況に対応すべく、北東アジア地域で開催される
    クルーズイベントには積極的に参加し最新のクルーズ情報を入手すると共にクルーズ産業関係
    者との人的ネットワーク構築に取り組んでいます。

     参加クルーズイベント(27年度実績)
       中国クルーズシッピング      
       アジアクルーズフォーラム  
       シートトレード・クルーズシッピング・コンベンション

  Aアジアクルーズリーダーズネットワーク正会員として毎年開催される総会に参加すると共に、
    日中韓クルーズ研究機関会議メンバーとしてクルーズの相互振興に努めています。


クルーズに関するご相談はみなと総研クルーズグループまでお気軽にどうぞ!
統括リーダー 田中三郎首席研究員(元郵船クルーズ(株)理事運航部長)


クルーズポート・セミナー開催情報

クルーズポート・セミナーの詳しい情報はこちらをご覧ください。


お知らせ

三井住友海上から、「クルーズおもてなし総合補償プラン」のご案内です。
この保険は、クルーズ船寄港時に開催される港での各種イベントでの損害を総合的に補償するものです。
リーフレットはこちらをご覧ください。


千葉県商工労働部観光企画課から、「東京湾クルーズ&船橋市・千葉市内周遊観光ツアー」のご案内です。
千葉県では、海上観光の創設、港の賑わいの創出、停泊地域の観光振興等につなげるため、千葉市、船橋市と連携し、7月28日(木)〜9月19日(月)の期間限定で、千葉、船橋、有明を結ぶ旅客船運航実証実験事業を行います。
詳しくはこちらをご覧ください。


問い合わせ先

一般財団法人みなと総合研究財団
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目1番10号 第2虎の門電気ビルディング4階
TEL:03-5408-8294  FAX:03-5408-8741
URL:http://www.wave.or.jp/  E-mail:cruise@wave.or.jp
クルーズ係 担当:内山、和田

Page Top