ホーム > みなと文化とは? > 江戸時代の姿をとどめる鞆のみなとまち

みなと文化とは?
一般財団法人みなと総合研究財団

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目1番10号
第2虎の門電気ビルディング3・4階

TEL:03-5408-8291 FAX:03-5408-8741 / 03-5408-8747 WAVEトップページはこちらから

みなと文化とは?

港を中心とする社会的・経済的営みの総体として形成されてきた「みなと文化」の例

前述した「みなと文化」のいくつかの要素が総合化されかたちで空間として存在する地域を指し、ここでは、古来より瀬戸内海を代表とする港町、鞆についてみてみます。

〜江戸時代の姿をとどめる鞆のみなとまち〜

古来より京を中心とする畿内と西海諸国を結ぶ大動脈、瀬戸内海のほぼ中間、潮の分かれ目に位置する鞆は、風と潮にたよって航行していた時代、潮待ち、風待ちの船が集まってくる天然の良港でした。

その恵まれた立地により、古代から近世を通じて瀬戸内海の海上交通の要港として位置づけられ、港を介した人や物の交易・交流が行われました。

古代には西国の任地に赴く国司や僻地にむかう防人など多くの人々が行き来し、大伴旅人などが鞆からみた景色を万葉集に残しています。

中世の室町幕府は、鞆の浦で天皇からの命令書である院宣を尊氏から受け取ったことから始まるとされますが、毛利氏の加護のもとに足利義昭が鞆の浦で幕府再興を狙うなど戦乱の拠点にもなりました。

近世には、鞆城を中心に城下町の町割ができましたが、西廻り航路が開発され北前船などの商船が出入りするようになると、商港として大きく発展しました。

江戸時代の繁栄振りを示す、港に面した豪商や回船問屋の土蔵、商家の町並みや景観がよく残っており、その繁栄を裏付ける文書類も豊富に残されています。

また、朝鮮通信使、琉球使節、オランダ商館長の一行等も鞆に寄っており、なかでも江戸期の12回に及ぶ朝鮮通信使は必ず鞆に寄港しています。

迎賓場所として福禅寺が使われ、朝鮮通信使の従事官だった李邦彦は、賓客の宿舎である客殿「対潮楼」からみた海と島の眺めを「日東第一形勝」と賞賛したといわれています。

港に目をやると、江戸時代中期に、石工の工楽松右衛門などにより整備された「波止(防波堤)」や、階段状の岸壁である「雁木」、「常夜燈」、ふじつぼなどが付いた船底を焼く「焚場跡」、出船入船を見張る「船番所跡」等が良好な状態で残っており、江戸時代の港湾の姿を留めています。

鞆

〔出典〕福山市HP

Page Top