ホーム > 業務概要 > 沿岸域の環境再生等

業務概要
一般財団法人みなと総合研究財団

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目1番10号
第2虎の門電気ビルディング3・4階

TEL:03-5408-8291 FAX:03-5408-8741 / 03-5408-8747 地図・最寄り駅はこちらから
みなと文化研究事業〜個性ある「みなとまち」を目指して〜

2.沿岸域の環境再生等

(1)港湾・沿岸域における環境再生

  三大湾等の閉鎖性海域は、貧酸素水塊の発生や生物生息環境の悪化等の課題に直面しています。このようは状況をふまえ、海域環境を再生し、豊かな海を取り戻すための計画を策定します。さらに、計画の推進に向けて、行政、研究者、市民、企業、NPO等の多様な主体が参画したワークショップの開催等を通じて、合意形成の促進や協働の枠組みづくりを支援します。

写真 溶存酸素(DO)濃度の分布から認められる、大規模な貧酸素水塊の発生
(出典:国土技術政策総合研究所海洋環境研究室「東京湾環境マップVer3」)


(2)沿岸域環境・生態系評価の高度化

  順応的管理等、最新の知見を活かした環境アセスメントや事業開始後のフォローアップ等を実施します。また、食糧供給、水質浄化、レクリエーションといった人類が生態系から得る 便益である生態系サービスを考慮して、干潟・藻場・サンゴ礁等の再生・創出が有する価値や事業効果を評価します。これらを通じて環境や生態系と共生する港湾・沿岸域の利活用の実現や円滑なプロジェクト実施を支えていきます。

写真 環境アセスメント地元説明会の開催


写真 生物生息場の創出に加え、CO2吸収機能も期待されるアマモ場の再生
(写真提供:NPO海辺づくり研究会)


(3)干潟浅場・藻場・サンゴ礁の再生・創出

  浚渫土・陸上発生土・産業副産物を活用した干潟・浅場、藻場の創出、サンゴ礁の再生、生物共生型構造物に関する計画・設計・モニタリング・評価を行います。また、住民やNPOとの協働の推進等、関係者を結ぶファシリテータとして地域の取り組みの活性化、自然体験活動や環境学習プログラムの作成、実施を支援します。

写真 市民や漁業者との協働による藻場の再生


写真 既設護岸を改良して造成された干潟「潮彩の渚」
(出典:国土交通省関東地方整備局横浜港湾空港技術調査事務所ホームページ)
(http://www.pa.ktr.mlit.go.jp/yokohamagicho/07_sougou/10_umi/higata/index.htm)


(4)港湾・海域における地球温暖化対策

  港湾・海域における地球温暖化対策を推進するためには、コンテナターミナルの荷役機械電動化、係留船舶への電力供給等の温室効果ガス削減と併せ、洋上風力発電をはじめとする再生可能エネルギーの導入が必要です。これらのニーズを受け、荷役機械電動化の効果に関する調査研究 等を行っています。また、藻場等の沿岸域生態系による炭素固定(ブルーカーボン)に関する調査研究を進めます。

写真 温室効果ガスの排出削減、ターミナルの効率的運営への寄与が期待される電動トランスファークレーン


(5)海面廃棄物処分場の計画・維持管理・跡地利用

  我が国では、大都市圏を中心に廃棄物の最終処分を海面廃棄物処分場に依存しています。生活・経済活動を下支えする海面廃棄物処分場の安全・安心を高め、利用高度化を図るための計画・設計・維持管理に関する調査研究及び、遮水工や跡地の高度利用に関する技術開発を通じて、持続可能な社会の実現に寄与しています。

写真 当財団が設計に関わった愛知県の衣浦港最終処分場
(写真提供:公益財団法人愛知臨海環境整備センター)


(6)静脈物流による循環型社会形成促進の支援

  循環型社会の構築の推進及び、広域的なリサイクルの促進を図るために、港湾を利用した海上静脈物流ネットワークの形成を支援します。さらに、発生が懸念されている南海トラフ地震や激甚化する洪水・高潮などの災害で発生する災害廃棄物の広域的処理について、関係機関と連携して調査研究を進めます。

写真 災害廃棄物の海上輸送の一例
(出典:リサイクルポート推進協議会)


Page Top