ホームクルーズニュース >  2019/10/23 横浜港 バルセロナ港と基本協定締結 クルーズと物流で連携

一般財団法人みなと総合研究財団

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目1番10号
第2虎の門電気ビルディング3・4階

TEL:03-5408-8291 FAX:03-5408-8741 地図・最寄り駅はこちらから

トピックス

2019/10/23
横浜港 バルセロナ港と基本協定締結 クルーズと物流で連携

横浜港とスペインのバルセロナ港は10月25日、今後の友好・協力関係を強化していくため基本協定を締結する。世界有数のクルーズ拠点港として知られるバルセロナ港は、世界的な観光地であるとともに7つの客船ターミナルを運営している。また、コンテナや完成自動車の国内最大級の取扱拠点でもあることから、「港と観光との連携やターミナルの運営手法を学べるとともに、連携してプロモーションを行うことができる」(横浜市港湾局)などと連携後を展望する。
基本協定の締結式は10 月25 日午後2時から、パシフィコ横浜の会議センターで行われる。当日は横浜市の平原敏英副市長、バルセロナ港湾局のサンティアゴ・ガルシア・ミラ副理事長が協定書にサインする。また、協定書の調印を受けて同日、「横浜港クルーズセミナー」を開き、ミラ副理事長らが講演する。
協定書に盛り込まれる主な項目は以下の通り。
@両港の共通利益分野における協力およびその枠組みの発展・拡大を目指し、技術交流、友好関係を深めるA港湾管理、港湾計画・建設、港湾情報システム、持続可能な港湾、環境、観光・クルーズ、港湾事情における革新などさまざまな事項に関する情報交換

≫前の記事へ



Page Top