ホームクルーズニュース >  2019/11/25仏ポナン 1万総トン級の新造船 伊造船に2隻発注内定

一般財団法人みなと総合研究財団

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目1番10号
第2虎の門電気ビルディング3・4階

TEL:03-5408-8291 FAX:03-5408-8741 地図・最寄り駅はこちらから

トピックス

2019/11/25
仏ポナン 1万総トン級の新造船 伊造船に2隻発注内定

フランス唯一のクルーズ船社ポナンは現地時間の11月20日、1万総トン級のクルーズ船2隻の建造で伊フィンカンティエリ造船所と基本合意した。ファイナンスなどの契約環境が整い次第正式発注とし、フィンカン傘下のノルウェー造船VARDで建造する。両船の竣工は2022年とされ、先にポナンが傘下に収めたポールゴーギャンクルーズが2隻とも運航する。また、今回の基本合意には、姉妹船1隻のオプションが付いている。
ポナンによると、新造船は約1万1000総トンで乗客定員は230人程度。ポナンが2018年から2021年に合計4隻受領する新造船シリーズ「ポナン・エクスプローラーズ」の改良型となる。いずれも排煙などがクリーンな環境配慮型の運航が可能な各種設備を搭載予定で、船舶燃料としてLNG(液化天然ガス)を使用するほか、蓄電池を搭載して航行中も接岸中も排煙を出さないハイブリット航海ができる仕様とする。
2隻の新造船が振り向けられることになるポールゴーギャンクルーズは、南太平洋の楽園と称されるタヒチの島々を中心に近隣のリゾートアイランドを周遊するクルーズが売り物。近年はこの海域でも環境保全に配慮したクルーズ船の航行を求める機運が高まり、同社を傘下に収めたポナンは最新鋭のフリートを投入することを決断したようだ。


≫前の記事へ



Page Top