ホームクルーズニュース >  2020/10/16 日本クルーズ客船 1泊から3泊を計10本 12月、1月のコース発表

一般財団法人みなと総合研究財団

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目1番10号
第2虎の門電気ビルディング3・4階

TEL:03-5408-8291 FAX:03-5408-8741 地図・最寄り駅はこちらから

トピックス

2020/10/16
日本クルーズ客船 1泊から3泊を計10本 12月、1月のコース発表


日本クルーズ客船は10月16日、2020年下期の一部クルーズ商品として12月から2021年1月に出発するクルーズ10本を発表した。いずれもワンナイトから3泊までの短いスケジュールで、発着港は大阪・神戸・名古屋、横浜・東京。クリスマスクルーズとして運航する3本のワンナイト以外、新型コロナウイルス(COVID−19)の感染防止対策として乗客に事前PCR検査を求める。予約受付開始は10月30日。
「ぱしふぃっくびいなす」の営業航海復帰は、12月5日に大阪港を出港する「クリスマス熱海花火・駿河」(2泊)。これ以降、クリスマスの名称がついたクルーズが1泊・2泊で計7本続く。2泊コース(大阪・神戸・横浜)の寄港地は清水・門司(北九州)・四日市。これらに続く年末は、12月30日出港の「びいなすニューイヤー」(神戸発着3泊)、この後の1月4日には「新春/伊勢四日市・南紀新宮」(横浜発着3泊)がある。
再開にあたり同社では、当面の間は乗客数を定員の半分程度とし、「ステートJ」と「ステートH」の一部の販売を取りやめる。また、糖尿病や心臓病といった基礎疾患がある人は新型コロナ感染で重症化するリスクが高いため、乗船を遠慮してもらうという。

≫前の記事へ



Page Top