ホームクルーズニュース >  2020/10/16 「ピアノランド」 12月から運航再開 海南島拠点の無寄港で

一般財団法人みなと総合研究財団

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目1番10号
第2虎の門電気ビルディング3・4階

TEL:03-5408-8291 FAX:03-5408-8741 地図・最寄り駅はこちらから

トピックス

2020/10/16
「ピアノランド」 12月から運航再開 海南島拠点の無寄港で

中国国有企業初のクルーズ船社アストロ・オーシャン・クルーズが、海南島・三亜発着の無寄港クルーズを12月1日から運航する模様だ。海外業界誌によると、三亜のフェニックス・アイランド国際クルーズターミナルを拠点とし、当面は2泊クルーズを12月まで続ける計画という。乗客には、乗船前7日以内の新型コロナウイルス(COVID−19)陰性証明を求めるほか、感染リスクが高い地域を最近訪れた人の乗船は許可しないという。
中国の運輸当局は今夏、新型コロナ後のクルーズ復活に向けて海南島発着クルーズのトライアル運航を実施する船社を募っていた。アストロ・オーシャンはこれに応じ、配下船「ピアノランド」(69,153総トン、乗客定員1822人、1995年建造)の投入で地元の海南島や三亜当局とも合意していた。
    ◇
アストロ・オーシャンは、中国国有の大手海運企業(COSCO=中国遠洋海運集団)とチャイナ・トラベル・グループ(CTS)が合弁で設立した新興船社で、昨年秋から営業航海をスタート。「ピアノランド」は、クルーズ業界世界最大手の米カーニバルコーポレーション傘下のクルーズオペレーター(運航船社)英P&Oクルーズが運航していた旧「オリアナ」。

≫前の記事へ



Page Top