ホームクルーズニュース >  2020/10/20 横浜港 感染症対応訓練 21日夕、「飛鳥U」で

一般財団法人みなと総合研究財団

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目1番10号
第2虎の門電気ビルディング3・4階

TEL:03-5408-8291 FAX:03-5408-8741 地図・最寄り駅はこちらから

トピックス

2020/10/20
横浜港 感染症対応訓練 21日夕、「飛鳥U」で

横浜市港湾局は、郵船クルーズが運航する「飛鳥U」の寄港に合わせて、感染症対応訓練を横浜港大さん橋国際客船ターミナルで実施する。さる9月18日に国土交通省や業界団体が公表したクルーズ再開に向けたガイドラインなどに基づき、「クルーズ船内で感染者が発生した場合の訓練を合同で行う」という。
訓練を前に市港湾局は、「横浜港では今後も乗客はもちろん市民、港湾関係者などの安全、安心を第一に、国・県といった関係機関、船会社などと連携しながらクルーズの再開に向けて準備を進めていく」としている。
1 訓練概要
 (1) 想定シナリオ【平日業務時間内。東京湾外航行中。次港は横浜港】
      ア 二人部屋の2名(高齢の夫妻)が体調をくずし、船内でウイルス検査を実施
      イ 両名共に陽性
      ウ 他に濃厚接触者2名の存在を確認。2名にウイルス検査を実施。結果は陰性
 (2) 訓練内容
      ア 情報伝達訓練
          船内でのクルーズの受入に関する関係者への情報伝達訓練を実施し、
          役割に応じたロールプレイを実施
      イ 下船訓練
          港湾局、船会社が中心となり、感染者の下船から搬送までの動線を確認
2 下船訓練
      日時:10月21日(水)16:00〜17:30(飛鳥Uトライアルクルーズ帰港時に実施)
      ※感染者の下船・搬送は、16:00から10分程度を予定

≫前の記事へ



Page Top