ホームクルーズニュース >  2020/12/16 「私とクルーズ」 木島さんの半生が1冊に 来年1月中旬発売

一般財団法人みなと総合研究財団

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目1番10号
第2虎の門電気ビルディング3・4階

TEL:03-5408-8291 FAX:03-5408-8741 地図・最寄り駅はこちらから

トピックス

2020/12/16
「私とクルーズ」 木島さんの半生が1冊に 来年1月中旬発売

港湾、船社、旅行会社を含めて、何らかの形でクルーズ業界に関わってきた人なら誰もが知っている木島榮子さん。その木島さんの半生を、日本のクルーズの歩みとともに綴った「私とクルーズ−半世紀を振り返って」が来年1月中旬、海文堂出版から発売される。同書は、2019年4月から12月にかけて「日本海事新聞」に掲載された同タイトルの連載記事全33回に加筆、修正した上で、書籍化にあたり書き下ろしエッセイ2本を追加した。
木島さんといえば、クルーズ業界の「生き字引」のように草創期から現在までを知り尽くした人。主に外国籍船を使ったクルーズ旅行を造成・販売してきたことは知られているが、日本のクルーズ業界が産声を上げてから紆余曲折を経て現在に至るまでの歴史を、最前線で奮闘してきた当事者として見つめ続けてきた貴重な1人だ。
あまり多くを語ると本書の内容に踏み込みそうなので遠慮しておくが、日本のクルーズの歴史を知りたい人、特に外船クルーズの日本での販売に興味がある人、ウィズコロナ時代の新たなクルーズ船誘致や受け入れを真剣に考えている人などに、ぜひ手に取ってほしい1冊といえよう。
▽四六判、172ページ、定価1,300円(税別)▽海文堂出版/03-3815-3291



≫前の記事へ



Page Top