ホームクルーズニュース >  2021/1/16 伊コスタ LNG焚き「コスタトスカーナ」進水

一般財団法人みなと総合研究財団

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目1番10号
第2虎の門電気ビルディング3・4階

TEL:03-5408-8291 FAX:03-5408-8741 地図・最寄り駅はこちらから

トピックス

2021/1/16
伊コスタ LNG焚き「コスタトスカーナ」進水

伊コスタクルーズは現地時間の1月15日、新造船「コスタトスカーナ」がフィンランドのマイヤー・トゥルクで進水したと発表した。同船はコスタが運航する2隻目のLNG(液化天然ガス)焚きの超大型クルーズ船で、2019年12月にデビューした「コスタスメラルダ」(185,000総トン、キャビン数2661室)の姉妹船。2020年1月から適用が始まった船舶燃油の含有硫黄分規制強化に対応できるよう設計されている。「トスカーナ」の初航海は、今年12月の南米配船からを予定している。
同船の進水セレモニーに当たり、コスタのマリオ・ザネッティCOO(最高執行責任者)は、「感染症拡大による営業航海休止という厳しい状況下にあるが、革新的な新造船就航には大きな期待がかかる。クルーズ産業の復活に向けて、新船とともに着実に歩んでいきたい」などとコメントした。
現時点で決まっている同船のスケジュールは、12月26日からブラジル配船に投入し、当初はサントス発着の7泊に就航。年明け以降は、サントスとサルバドールを乗下船港とし、テーマクルーズを含めた多彩なコースに配船する予定。

≫前の記事へ



Page Top