ホームクルーズニュース >  2021/1/30 2020年のクルーズ概況 訪日旅客・寄港数とも大幅減 国交省まとめ

一般財団法人みなと総合研究財団

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目1番10号
第2虎の門電気ビルディング3・4階

TEL:03-5408-8291 FAX:03-5408-8741 地図・最寄り駅はこちらから

トピックス

2021/1/30
2020年のクルーズ概況 訪日旅客・寄港数とも大幅減 国交省まとめ

国土交通省港湾局は1月29日、2020年の訪日クルーズ旅客数と国内港湾へのクルーズ船寄港回数(いずれも速報値)をまとめ発表した。訪日クルーズ旅客は前年比94.1%減の12.6万人、クルーズ船寄港回数は同87.7%減の353回(外国船66回、日本船287回)だった。旅客数と寄港回数が大幅に減少した要因について、港湾局は「新型コロナウイルス(COVID−19)感染症の流行・拡大に伴ってクルーズ船の運航が休止されたことによるもの」としている。
2020年は例年の状況と様変わりしたため、クルーズ船寄港回数や寄港が多かった港を列挙してもあまり意味がない。ただ、昨年3月半ば以降に世界規模で広がった営業運航休止後、日本国内では7月上旬から「ガンツウ」、10月下旬に商船三井客船、11月には郵船クルーズが一部の運航を再開するなど、ウィズコロナ時代の運航実績を着々と積み重ねている。

≫前の記事へ



Page Top