ホームクルーズニュース >  2021/3/16 「バイキングサン」 深圳に到着 新船社が沿岸周遊計画

一般財団法人みなと総合研究財団

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目1番10号
第2虎の門電気ビルディング3・4階

TEL:03-5408-8291 FAX:03-5408-8741 地図・最寄り駅はこちらから

トピックス

2021/3/16
「バイキングサン」 深圳に到着 新船社が沿岸周遊計画

リバークルーズや外洋クルーズを展開する米バイキングクルーズの配下船「バイキングサン」(47,800総トン、乗客定員930人、2017年建造)が、中国の深圳に入港していたことが分かった。同船は中国船籍に変更された上で、バイキングと中国国有企業チャイナ・マーチャンツ・グループ(招商局集団)傘下の招商蛇口が連携して立ち上げたオペレーター(運航船社)が、中国マーケットを対象とする同国沿岸クルーズに投入する予定。就航時期やスケジュールは明らかにしていない。
バイキングと招商蛇口は2019年4月にクルーズ連携で覚書を交わし、それを受けて昨年秋までに沿岸クルーズのオペレーターを立ち上げた。中国系のクルーズ船社の配下船は、その大半がカジュアルクラスで、同船のようなラグジュアリークラスに分類されるフリートは初就航となる。
AIS(船舶自動識別装置)を活用してインターネットで船舶の位置情報などを調べることができるサイトによると、同船は3月16日現在、深圳の蛇口クルーズターミナルに着岸している。また、オペレーターの名称欄には「バイキング・チャイナ・コースタル・クルーズ」との記載がある。

≫前の記事へ



Page Top