ホームクルーズニュース >  2021/3/18 RCG イスラエル発着はワクチン接種必須に

一般財団法人みなと総合研究財団

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目1番10号
第2虎の門電気ビルディング3・4階

TEL:03-5408-8291 FAX:03-5408-8741 地図・最寄り駅はこちらから

トピックス

2021/3/18
RCG イスラエル発着はワクチン接種必須に

クルーズ業界世界第2位の米ロイヤルカリビアングループ(RCG)は、傘下の大手クルーズオペレーター(運航船社)ロイヤルカリビアンインターナショナルが今夏に予定するイスラエル発着のクルーズで、「乗船客全員に新型コロナウイルス(COVID−19)のワクチン接種を求めることを決めた」ことを明らかにした。現地時間の3月16日に公表した「今後のクルーズ再開に向けた基本的な取り組み」の中でコメントしている。
公表した今後の取り組みでRCGは、昨年3月から現在まで1年にわたって営業運航を休止してきた同社の現況を財務や営業面から解説。その上で、決して余裕がある経営状態ではないが、「運航再開に向けて懸命かつ地道な努力を続けている。乗客・乗員の安心・安全を最優先事項として各種の感染拡大防止対策に取り組んでおり、その成果のひとつとして欧州やシンガポールで一部運航を再開。これらのクルーズでは、新たな感染者は確認されていない」としている。
一方、新造船「オデッセイ・オブ・ザ・シーズ」を使って6月にも運航開始を目指すイスラエル発着のクルーズについては、「16歳以上の乗客・乗員全員にワクチン接種を求める」と明言。周遊クルーズが立ち寄るギリシャやキプロスの保健・衛生当局とも連携して、感染拡大防止に取り組むとしている。
乗客全員にワクチン接種を求めると公表した船社は、米クリスタルクルーズ、英P&Oクルーズに次いでロイヤルカリビアンインターナショナルが3社目となる。

≫前の記事へ



Page Top