ホームクルーズニュース >  2021/3/26 RCI 7月10日からキプロス発着運航へ

一般財団法人みなと総合研究財団

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目1番10号
第2虎の門電気ビルディング3・4階

TEL:03-5408-8291 FAX:03-5408-8741 地図・最寄り駅はこちらから

トピックス

2021/3/26
RCI 7月10日からキプロス発着運航へ

米ロイヤルカリビアンインターナショナル(RCI)は現地時間の3月25日、東地中海のキプロス・リマソル港を発着拠点とする7泊周遊クルーズを7月10日から運航すると発表した。同クルーズには「ジュエル・オブ・ザ・シーズ」を投入し、ギリシャの島々などに寄港する。RCIがキプロスに拠点港を置くのはこれが初めて。
同社は昨年12月にシンガポール発着に投入した「クアンタム・オブ・ザ・シーズ」を皮切りに、今月に入りクルーズ船の運航再開計画を続々と公表。イスラエルのハイファからは新造船の「オデッセイ・オブ・ザ・シーズ」、バハマ発着のカリブ海周遊には「アドベンチャー・オブ・ザ・シーズ」、バミューダを拠点としたクルーズには「ビジョン・オブ・ザ・シーズ」が6月から順次就航することが決まっている。
これらに続いて発表されたリマソル発着の7泊クルーズは、同社が地元キプロス政府や寄港先のギリシャ当局と度重なる協議をした上で配船が決まった。寄港地はギリシャのピレウス(アテネ)のほか、ロードス・クレタ・ミコノス・サントリーニの島々で、現時点の計画では10月までの運航を予定する。
6月からの運航開始を明らかにしている他のフリートと同様、キプロス発着もワクチン接種済みの乗員が対応し、乗客は大人の場合はワクチン接種、18歳以下にはPCR検査の陰性証明を求める。

≫前の記事へ



Page Top