ホームクルーズニュース >  2021/8/19 米リージェント 2023−24年に「エクスプローラー」が日本へ

一般財団法人みなと総合研究財団

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目1番10号
第2虎の門電気ビルディング3・4階

TEL:03-5408-8291 FAX:03-5408-8741 地図・最寄り駅はこちらから

トピックス

2021/8/19
米リージェント 2023−24年に「エクスプローラー」が日本へ

米リージェントセブンシーズクルーズは、今夏に取りまとめた2023年夏のシーズンから翌2024年春にかけて配下船5隻で運航予定のクルーズの予約販売を、現地時間の8月18日から開始した。当該期間中のクルーズは欧州やアラスカ、カリブ、南米、アフリカ、アジアなど世界の人気海域を巡るほか、4つのグランドボヤージとワールドクルーズ(2024年)を予定する。注目の日本近海には「セブンシーズエクスプローラー」が投入され、2023年秋に東京港発着を2本、翌2024年春に同じく東京港発着を3本予定する。
グランドボヤージは、北極アドベンチャー(セブンシーズナビゲーター)、欧州巡り(セブンシーズボイジャー)、南米周遊(セブンシーズスプレンダー)、アジア・太平洋(セブンシーズエクスプローラー)の4つあり、多彩な発着港から出港する59泊から78泊のロングルーズとなる。また、2024年1月に出るワールドには「セブンシーズマリナー」を配船し、132泊で世界各地を巡る。
配下船5隻のうち、日本近海にやって来る「エクスプローラー」のスケジュールを見ると、2023年の夏場はアラスカに就航し、その後に太平洋を南下して日本を目指す。東京港発着を2本運航後は、香港やフィリピン、タイ経由で南半球のオーストラリアへ。翌2024年は、1月からアジア・太平洋を周遊するグランドボヤージをすどにーからスタートし、シンガポール、ベトナム、中国を経由して東京入港で終了。この後、3月後半から4月かけてサクラが見ごろとなる日本各地を巡る東京港発着を3本連続運航する予定。

≫前の記事へ



Page Top