ホームクルーズニュース >  2021/8/28 リッツカールトン クルーズ事業参入を再延期 1隻目は来年5月デビュー

一般財団法人みなと総合研究財団

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目1番10号
第2虎の門電気ビルディング3・4階

TEL:03-5408-8291 FAX:03-5408-8741 地図・最寄り駅はこちらから

トピックス

2021/8/28
リッツカールトン クルーズ事業参入を再延期 1隻目は来年5月デビュー

海外業界誌などの報道によると、昨年夏のシーズンから小型船を使った高級志向のクルーズに新規参入する予定だった米リッツカールトン・ヨット・コレクションは、新造1隻目「エブリマ」(2万6500総トン、乗客定員298人)のデビューを今年11月から来年5月に再度繰り下げることを決めたという。新型コロナウイルス(COVID−19)の感染拡大を受けて、同船の建造遅れがデビュークルーズ再延期の主な要因としている。
同社は昨秋から今春にかけて、建造遅延だけでなく、新型コロナウイルス(COVID−19)の感染感染拡大を重く見て、乗客・乗員の健康と安全を最優先に考え、「エブリマ」のデビュー再三延期としている。同社がホームページで公表している現時点での初クルーズは、来年5月6日にポルトガルのリスボンから出る西地中海周遊となるようだ。
数年前からクルーズ事業参入に向けて準備を重ねてきたリッツカールトン・ヨット・コレクションは、スペイン造船バレラスに「エブリマ」を発注。2019年5月には、姉妹船となる新造2隻目の建造についても、同造船所と正式契約を交わしている。

≫前の記事へ



Page Top