ホームクルーズニュース >  2021/10/12 プリンセス 「マジェスティック」が復帰後SFに初寄港

一般財団法人みなと総合研究財団

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目1番10号
第2虎の門電気ビルディング3・4階

TEL:03-5408-8291 FAX:03-5408-8741 地図・最寄り駅はこちらから

トピックス

2021/10/12
プリンセス 「マジェスティック」が復帰後SFに初寄港

米プリンセスクルーズは現地時間の10月11日、今夏のアラスカ配船を終えて北米西岸周遊に復帰した「マジェスティックプリンセス」が同日、サンフランシスコ(SF)に寄港したと発表した。プリンセスによると、新型コロナウイルス(COVID−19)の感染が世界規模で広がり各船社が自主運休して以降、同港に寄港したクルーズ船は「マジェスティック」が初めてという。
7月25日からシアトル発着のアラスカクルーズに復帰した「マジェスティック」は、10月からロサンゼルス発着の北米西岸周遊に就航。メキシコを含めた西海岸エリアの人気寄港地を巡るルートに投入されている。
パンデミック後では初となるサンフランシスコ寄港に際して、同社のジャン・スワーツ社長は「当社のクルーズ船は長年にわたってサンフランシスコに寄港しており、有名なゴールデンゲートブリッジの下を通航して入港するおなじみの光景復活を、乗客もクルーズも待ち望んでいた」などとコメントした。
また、サンフランシスコの港湾当局幹部は「プリンセスのクルーズ船が再び寄港するようになって大変うれしく、今回の寄港復活を大歓迎する。クルーズ船の寄港再開は地元の経済再興とウオーターフロント地区のビジネス支援に極めて重要な意味を持つ。米CDC(疾病対策センター)が公表している感染症拡大防止に向けたガイドラインに準拠しながら、乗客・乗員に安心して港周辺を楽しんでもらえるよう努力したい」と展望した。
同船の北米西岸周遊はメキシカンリビエラやカリフォルニア沿岸などを巡る3泊から10泊までのクルーズで、年末までに計14本を運航する予定。

≫前の記事へ



Page Top