ホーム > 港別みなと文化アーカイブス > 緒方 博文

港別みなと文化アーカイブス
財団法人港湾空間高度化環境研究センター

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目1番10号
第2虎の門電気ビルディング3・4階

TEL:03-5408-8291 FAX:03-5408-8741 / 03-5408-8747 WAVEトップページはこちらから

港別みなと文化アーカイブス(港・執筆者一覧)

港名

細島港

お名前

緒方 博文(おがた ひろふみ)

略歴

  • 昭和31年 宮崎県西都市生まれ
  • 昭和54年 別府大学文学部史学科卒業
  • 昭和58年 日向市教育委員会(文化財専門職員)入庁
     〜現在、教育総務課課長補佐兼文化財係長

発表論文等

〈論文〉

  • 「日向市秋留遺跡の剥片尖頭器について」、宮崎考古学会、昭和60年
  • 「宮崎県史・資料編考古機廖宮崎県、平成元年
  • 「県北部の題目板碑について」、宮崎県地方史研究紀要第25輯、平成10年
  • 「官軍少佐迫田鐵五郎について」、宮崎県立図書館、平成14年
  • 「日向市籾木の民俗」、日向市史・民俗編、平成17年
  • 「日向市史(資料編、原始・古代編、中世編)」、日向市、平成22年

当該港との係わり

四半世紀にわたり、文化財保護の職務を通して、港や周辺の歴史、民俗の調査・研究を行っており、じつは母方の先祖は明治初期に四国宇和島から宮崎へ入植した国内移民で、豊予海峡を渡り当港から上陸したという因縁もある。

その他特記事項

細島官軍墓地に葬られている280余名の官軍兵士の中に、鹿児島出身で西郷隆盛とも親交のあった迫田鐵五郎少佐がいる。ここ数年来、休日のほとんどは迫田が転戦した熊本、宮崎の各地に残る戦跡を訪ね、迫田が見た風景やその場の空気を感じる旅を続けている。いずれライフワークの成果として、本にまとめる予定。

Page Top