ホーム > 港別みなと文化アーカイブス > 多仁 照廣

港別みなと文化アーカイブス
財団法人港湾空間高度化環境研究センター

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目1番10号
第2虎の門電気ビルディング3・4階

TEL:03-5408-8291 FAX:03-5408-8741 / 03-5408-8747 WAVEトップページはこちらから

港別みなと文化アーカイブス(港・執筆者一覧)

港名

敦賀港

お名前

多仁 照廣(たに てるひろ)

略歴

  • 1948年生まれ
    中央大学大学院文学研究科博士課程
    敦賀短期大学教授(現職)
    国税庁税務大学校租税史料館研究調査員(現職)
    独立行政法人国立公文書館史料管理学講習会講師(2000年度より)
    国立女性教育会館「女性アーカイブズ」構築委員(2005年度より)
    上級デジタル・アーキビスト認定(2007年)

発表論文等

  • 「若者仲間の歴史」、1984年
  • 「山本瀧之助日記」全4巻、1985−88年
  • 「青年の世紀」、2003年
  • 「石川酒造文書」全9巻、1985−2003年
  • 「雑誌 良民」、1998年
  • 「史料が語る租税の歴史」(共著)、1999年
  • 「日本青年館70年史」(共著)、1991年
  • 「中央青少年団体連絡協議会40年史」(共著)、1993年
  • 「結社の世界史 結衆・結社の日本史」(共著)、2006年

当該港との係わり

敦賀港物流懇談会幹事長、敦賀港みなと観光交流促進協議会会長として、敦賀港の振興に取り組んでいる。

その他特記事項

地方史研究協議会委員(福井県)、日本社会教育学会会員、日本民俗学会会員、文化財修復学会会員、つるが21まちづくりの会顧問、つるがに市民共同発電所をつくる会顧問、若狭路文化研究会副会長、福井県河川検討委員会委員、福井県歴史の香る建造物保存活用事業審査委員会副委員長、涛声学舎舎主として活動

Page Top