ホーム > 港別みなと文化アーカイブス > 宮本 雅明

港別みなと文化アーカイブス
財団法人港湾空間高度化環境研究センター

〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目1番10号
第2虎の門電気ビルディング3・4階

TEL:03-5408-8291 FAX:03-5408-8741 / 03-5408-8747 WAVEトップページはこちらから

港別みなと文化アーカイブス(港・執筆者一覧)

港名

室積漁港

お名前

宮本 雅明(みやもと まさあき)

略歴

  • 昭和26(1951)年 香川県生まれ
  • 昭和48(1973)年 京都大学工学部卒業(建築学第二学科)
  • 昭和55(1980)年 工学博士(京都大学)
  • 平成 4(1992)年 九州芸術工科大学芸術工学部教授(環境設計学科)
  • 平成15(2003)年 九州大学大学院芸術工学研究院教授(環境計画部門)
  • 平成21(2009)年 九州大学大学院芸術工学研究院教授(環境・遺産デザイン部門)
  • 平成21(2009)年 都市・建築遺産保存支援機構理事長
  • 平成22(2010)年 九州大学名誉教授

発表論文等

〔著書〕

  • 『図集日本都市史』(共編著、東京大学出版会、1993年)
  • 『太宰府市史建築・美術工芸資料編』(分担、太宰府市,1998年)
  • 『国宝と歴史の旅 5 城と城下町』(編著、朝日新聞社、2000年)
  • 『都市空間の近世史研究』(中央公論美術出版、2005年)
  • 『シリーズ都市・建築・歴史 5 近世都市の成立』(分担、東京大学出版会、2005年)
  • 『日本海域歴史大系 四 近世篇 I 』(分担、清文堂出版、2005年)
  • 『港町の世界史 2 港町のトポグラフィ』(分担、青木書店、2006年)
  • 『行橋市史 中巻 中世・近世・建築・美術』(分担、行橋市、2006年)
  • 『新修志摩町史』上巻・下巻(分担、福岡県志摩町、2009年) その他多数

〔論文等〕

  • 麻生由季・宮本雅明「萩往還佐々並市・明木市の空間形成と機能配置--防長市町の空間と機能に関する研究(1)」(『日本建築学会計画系論文集』646号、2009年12月)
  • 成田聖・宮本雅明「福岡城御殿の変遷過程─福岡藩御殿に関する建築史的研究:その1」(『日本建築学会計画系論文集』640号、2009年6月)
  • 安高尚毅・宮本雅明「『御茶屋書留』から見た福岡藩御茶屋の類型化─福岡藩御茶屋に関する研究(2)」(『日本建築学会計画系論文集』621号、2007年11月) その他多数

当該港との係わり

「歴史の町並み再発見(葦書房、1993年)」を著述する時に、博多、秋月、萩、佐賀長崎街道等と並び「室積」を調査。

Page Top